美容のために紫外線対策は欠かせません

お酒を飲んだ翌日、肌の調子が悪くなると言う女性は多いです。

お酒は美容の大敵なのか

美容のために紫外線対策は欠かせません お酒を飲んだ翌日、肌の調子が悪くなると言う女性は多いです。そう言うこともあって、お酒は美容の大敵と考えられがちですが、お酒そのものが肌荒れの原因になる可能性は高くありません。お酒は米や麦と言った穀類を発酵させてつくられています。タバコのような有害物質ではないと言うことは分かるでしょう。もちろん、頻繁にお酒を大量に飲んでは害になりますが、決して美容によくないものではありません。では、なぜお酒を飲んだ翌日、肌が荒れることが多いのでしょう。その原因はお酒ではなく、寝不足や食事のバランスの悪さが原因であることが多いです。

飲みに行くときは、多くの場合で寝不足になってしまうでしょう。栄養バランスのとれた食事もしにくいです。肌が荒れてしまうのも仕方ありません。なので、飲みに行くときは、少しでも肌に悪影響を与えないように工夫することです。たとえば、ビールやサワーなどは冷たいですし、アルコール度数もそれほど高くないので、ついつい飲みすぎてしまいます。冷たいものをたくさん飲むと、体が冷えるので注意しましょう。日本酒やワインなど、冷たすぎないものを選ぶのがポイントです。とくに、ワインは美肌にいい飲み物とされています。

お役立ち情報